高血圧の原因 高血圧 情報Bank! 『高血圧の予防法』

高血圧の原因 高血圧予防の基礎情報



高血圧は大きく2つに分類されます。

ひとつは、腎臓病内分泌系の病気妊娠中毒症によるものや、薬剤などの影響で起こる二次性高血圧(症候性高血圧)です。

二次性高血圧の原因となる病気としては、腎性高血圧内分泌性高血圧妊娠中毒症による高血圧外因性高血圧などがあげられますが、二次性高血圧の約75%を腎性高血圧が占めています。

高血圧患者の全体数からすると二次性高血圧の患者数5%程度ですが、35歳以下に発症する若年性高血圧では50%前後を占めるといわれています。


そして、日本人の高血圧患者の90%以上本態性高血圧(原発性高血圧)です。
困ったことに本態性高血圧は、検査をしてもはっきりとした原因を特定できません。

本態性高血圧は、一般的には40才前後から徐々に現れる傾向がありますが、2〜3年の短期間で急速に進行することもあるので油断は禁物です。

現在、本態性高血圧の原因として考えられるのは、遺伝因子によるものと、環境因子(生活習慣)によるものです。

遺伝的因子の例として
 
 両親ともに高血圧の場合 ⇒ 子が高血圧になる確率は約50%
 片親だけが高血圧の場合 ⇒ 子が高血圧になる確率は約30%

というデーターがあります。
このように、遺伝がなんらかの原因であることは確かなのですが、親や高血圧であっても発症しないケースや、両親ともに高血圧でなくても発症することあるので、遺伝がすべてではありません。

環境的因子(生活習慣)の例として

 ・老化
 ・肥満
 ・カロリー・糖分の摂りすぎ
 ・塩分の摂りすぎ
 ・喫煙
 ・ストレス
 ・飲みすぎ
 ・運動不足   etc...

など、日頃の生活習慣の悪習がそのまま本態性高血圧の原因になってしまいます

このように、本態性高血圧の原因ははっきりしていないのですが、生活習慣を改善することで、本態性高血圧になる確率を下げることは十分に可能ではないでしょうか?

高血圧はサイレントキラーと呼ばれるように、自覚症状の非常に少ない病気なので、日頃から、血圧を測る習慣をつけるのもひとつの方法です。

高血圧を予防するためには、日頃から自分の血圧を把握し、生活習慣を改善に努めましょう!



B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。