高血圧と内臓脂肪型肥満の関係 高血圧 情報Bank! 『高血圧の予防法』

サイレントキラー?/高血圧予防の基礎知識



サイレントキラー沈黙の殺人者)は、アメリカで生まれた高血圧の別名です。

高血圧は生活習慣病の中でも、特に自覚症状のない病気です。

そのため、高血圧に気づかずそのまま放置した結果、動脈硬化をおこしてしまい、いきなり脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)や心臓病(心肥大・心不全・心筋梗塞など)などの発作をおこすことになります。

このように、高血圧は自覚症状のないまま、ある日突然深刻な状態で現れるので『サイレントキラー』(沈黙の殺人者)と呼ばれています。

日本人の死亡原因の1位はガンですが、2位は心臓病、3位は脳卒中です。
高血圧は、死亡原因の2,3位に深く関わっており、まさに沈黙の殺人者といえます。

このように、高血圧は非常に怖い病気なのですが、サイレントキラーと呼ばれる通り自覚症状がありません。

高血圧を予防するには、日頃の生活習慣の改善が大切です。

生活習慣を見直し、高血圧を予防しましょう!






B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!
 症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!








高血圧と内臓肥満の関係/高血圧予防の基礎知識



高血圧内臓脂肪型肥満には大きな関係があります。

内臓脂肪が蓄積した状態になると、悪玉物質アディポサイトカインを分泌し、高血圧を防ぐ役割がある善玉物質アディポネクチンの分泌量を抑制してしまいます。

また、内臓脂肪が蓄積するとインスリンの働きも悪くしてしまい、高血圧を発症しやすくなります。

このようなことから、内臓脂肪型肥満と高血圧は非常に大きな関係があり、更に肥満全体でみると高血圧の発生率は、標準体重を維持している人の4〜5倍というデーターもあります。

生活習慣を改善し、カロリー制限適度な運動によって減量をすることで、確実に高血圧の予防になります。

減量は非常に効果的で、減量することで実際に血圧が低下します。

例えば1kg減量すれば、血圧が1−2mmHgも低下するといわれています。

肥満自体が心血管病の危険因子の一つです。
肥満していて高血圧の人は、体重を標準体重近くに減量することで、血圧や高脂血症・血糖値なども適正値に近づく可能性が高いようです。




B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!
症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。